重由美子さんの葬儀で、アトランタ五輪で銀メダルを獲得したときの競技写真が遺影として飾られた祭壇=唐津市鏡のパインフィールド・ホール

 1996年のアトランタ五輪セーリング(ヨット)女子470級の銀メダリストで、9日に53歳で亡くなった重由美子さん=唐津市西唐津=の葬儀が13日、市内でしめやかに営まれた。全国から約300人が参列し、日本ヨット界の第一人者として生涯、活躍し続けた故人との早すぎる別れを惜しんだ。

 重さんが出場した五輪3大会でコーチを務めた佐賀県ヨット連盟前理事長の松山和興さん(76)は弔辞で「唐津の海でヨットを知り、世界を目指すまでに成長してくれた。ともに戦えたのは私の誇り」と述べた。

 重さんと92年バルセロナ五輪から3大会連続でペアを組んだ深堀アリーシアさん(51)=旧姓木下、長崎市=は涙を浮かべ「ヨットを通じてたくさんのことを教えてくれた人。弱かった私を支えて世界に連れて行ってくれた」としのんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加