松本拓矢さん

 小さい頃から有明海が好きでした。海で働く親父の背中を見て育ち、日本一を届ける「ノリ師」の仕事は誇りです。今は秋芽摘みが終盤で年末から冷凍網の張り込み。七浦沖の漁場は色落ちが気がかりで、諫早湾を堤防で閉め切った調整池からの排水をこまめに分散するように求めています。

 子どもを港に連れてくると喜ぶので、うれしい反面複雑な気持ち。次の世代のため「宝の海復活」は漁業者の願いですが、掛け声だけで良くなってはいきません。一人一人の生の声を聞きながら、行動で示してほしい。(鹿島市納富分)

このエントリーをはてなブックマークに追加