ラグビーに情熱を傾ける佐賀工業高3年の中村章太さん

 中学時代は野球部。ラグビーのワールドカップをテレビ観戦していて「体格の良さを生かせそう」と関心を持ち、佐賀工業高に進学してラグビー部に入った。練習が厳しく何度も挫折しそうになったが、念願の花園出場が決まり、喜んでいる。フッカーとしてサインを出すことが面白いという。

 高校卒業後は社会人ラグビーチームに入部する。仕事とラグビーを両立し、チームの一員として早く試合に出れるように頑張るつもりだ。

 ラグビーが自分の可能性と人生の幅を広げてくれたと感じている。これまでの縁に感謝し、いいプレーをすることを誓う。

このエントリーをはてなブックマークに追加