【ワシントン共同】米上院本会議は13日、サウジアラビア人記者殺害事件の責任はムハンマド皇太子にあると非難する決議案を採択した。米軍によるイエメン内戦でのサウジ支援の中止を求める決議案も可決した。

このエントリーをはてなブックマークに追加