【フランクフルト共同】フランス自動車大手ルノーは13日の取締役会で、ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン容疑者の解任を見送った。不正を認定する十分な情報がないためとしている。社内調査の結果、ゴーン容疑者の2015~18年のルノーの報酬に問題がなかったとの見解も公表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加