厚生労働省は13日、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を提案する「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認する方針を固めた。保険も適用され患者負担が軽くなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加