羽生結弦

 日本スケート連盟は13日、フィギュア男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が右足首負傷のため、世界選手権(来年3月・さいたま)代表最終選考会を兼ねる全日本選手権(21~24日・大阪)を欠場すると発表した。

 羽生は全日本で2年前がインフルエンザ、昨年が右足首故障のために出場を取りやめたが、世界選手権と平昌五輪の代表に選ばれている。ルール改正後の今季、ショートプログラム(SP)、フリー、合計で全ての世界最高得点を出しており、日本連盟が実績を考慮する選考基準で世界選手権は代表入りする可能性が高い。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加