13日、アンカラで起きた高速鉄道事故の現場(アナトリア通信提供・共同)

 【イスタンブール共同】トルコの首都アンカラで13日朝、高速鉄道の事故があり、トゥルハン運輸インフラ相は9人が死亡したと明らかにした。検察当局によると、負傷者は86人に上った。地元メディアが伝えた。現場はアンカラ西部の駅で、高速鉄道の列車が、線路の点検用車両と衝突して脱線したという。

 高速鉄道の一部車両が転覆し、通過予定だった駅の高架式通路が列車の上に崩れ落ちた。在トルコ日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

 高速鉄道列車は、アンカラから中部コンヤに向かっていた。当時200人以上が乗っていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加