佐賀競馬場から逃走し、確保された競走馬=13日、佐賀県鳥栖市(佐賀県競馬組合提供)

 13日午前6時15分ごろ、鳥栖市江島町の佐賀競馬場から逃げ出した競走馬1頭が、近くの市道を走り、通行していた軽乗用車のボンネットに乗り上げてフロントガラスなどを損壊した。運転していた40代男性にけがはなかった。

 鳥栖署と佐賀競馬場を運営する県競馬組合によると、競走馬は3歳牝馬「スレイベル」で、体重約400キロ。競馬場内で調教中だった午前5時25分ごろ、調教師を振り落とし、併設の厩舎地区と外部を仕切る高さ約2メートルの金網フェンスを飛び越えようとし、一部を壊しながら外に逃げた。

 事故現場は、競馬場から東に約400メートルの市道。軽乗用車は路上に馬がいるのを見つけて急停止したが、馬は車に乗り上げ、その後反転して再び逃走。30分後、調教師2人が近くで馬を見つけ、確保した。馬にけがはなかった。

 同署は競馬場側の管理に問題がなかったか調べている。県競馬組合は「お詫び申し上げます。今後は原因を究明するとともに、再発防止に取り組んでまいります」とのコメントを出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加