戦後の主な景気拡大

 内閣府は13日、有識者らでつくる景気動向指数研究会(座長・吉川洋立正大教授)を開いた。2012年12月から続く景気拡大期間が高度成長期の「いざなぎ景気」(1965~70年)を超え、昨年9月で戦後2番目の長さになったことが確定した。内閣府は最近も拡大が続いているとみており、今月で戦後最長に並ぶことが射程圏内に入っている。

 研究会は12年12月以降に景気が後退局面に転じる「山」がなかったことを確認。内閣府も判断を支持した。消費税率を8%へ引き上げた14年4月以降に消費が大きく落ち込んだが、景気が一時後退したとする一部の見方をこれまでの会議で否定していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加