2014年3月、防衛省内に発足した「サイバー防衛隊」のサイバーオペレーションセンター(同省提供)

 政府は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の基本概念を「多次元統合防衛力」とする方向で最終調整に入った。防衛力について、陸海空に宇宙、サイバーなどの新領域を加え、一体運用するとの考え方を前面に打ち出す。13日午後の与党ワーキングチーム(WT)などで詰めの協議を急ぐ。同日、政府筋が明らかにした。最新鋭ステルス戦闘機F35Bに関し、新大綱と併せて策定する次期中期防衛力整備計画に約20機の新規調達を明記する方向であることも分かった。

 新たな基本概念は、2013年策定の現大綱の「統合機動防衛力」に代わる新名称となる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加