日本野球機構(NPB)は12日、来季のオープン戦の試合日程を発表した。ともに佐賀県出身監督が指揮を執る西武と広島が3月2日、佐賀市のみどりの森県営球場で対戦する。両チームによる県内でのオープン戦開催は2年連続になる。

 パ・リーグの西武は今季、辻発彦監督=小城市出身、佐賀東高卒=が引っ張り、レギュラーシーズン優勝を果たした。就任4年目の緒方孝市監督=鳥栖市出身、鳥栖高卒=が率いる広島は3年連続でセ・リーグの頂点に立った。

 スポーツによる地域活性化や県の情報発信を図るため、県スポーツコミッションが誘致した。来年7月27日から県内で開かれる全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)を記念したPRも予定している。

 当日は午後0時半に試合開始。チケット発売は来年1月19日を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加