江戸時代に佐賀鍋島藩の御用窯が置かれた伊万里市の大川内山で6月29日、昔ながらの鍋島焼の「献上品」を再現した瓶子(へいし)(酒器)作りが始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加