【マニラ共同】フィリピン上下両院は12日、特別の合同議会を開き、イスラム過激派対策のため南部ミンダナオ島に出されている戒厳令を来年末まで1年間延長することを認めた。延長は3度目。

このエントリーをはてなブックマークに追加