11日、カナダ・バンクーバーの裁判所で、華為技術(ファーウェイ)の副会長、孟晩舟容疑者の釈放を求める支持者ら(Darryl Dyck/The Canadian Press、AP=共同)

 華為技術の副会長兼最高財務責任者の孟晩舟容疑者(同社ホームページから)

 【ニューヨーク共同】カナダ西部バンクーバーの裁判所は11日、米当局の要請に応じてカナダ当局が拘束した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟容疑者(46)の保釈を認める決定をした。現地のメディアが報じた。

 孟容疑者拘束を受けて中国と米カナダの緊張が高まる中、カナダの裁判所が米国への身柄引き渡しを認めるかどうかが今後の焦点となる。

 現地メディアによると、同裁判所は容疑者に保釈金1千万カナダドル(約8億5千万円)納付のほか、所有する複数のパスポートの提出や所在地を確認できる電子機器の着用などを命じた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加