2020年東京五輪で2カ所に設ける聖火台の一つを、大会期間中に臨海部のお台場と有明に架かる遊歩道の橋「夢の大橋」付近に設置する方針が固まったことが11日、分かった。新国立競技場にも開閉会式で使う聖火台を設ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加