日本オリンピック委員会は11日、北京五輪陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治の日本が銀メダルに繰り上がったと発表した。優勝したジャマイカ選手のドーピング違反による失格が確定したため。

このエントリーをはてなブックマークに追加