【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は11日、「中国公民の正当な権利を侵害するいじめ行為は座視しない」と述べ、通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部の拘束を巡る米国とカナダの対応を批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加