政府が示した防衛大綱骨子案で、海上自衛隊の護衛艦「いずも」改修による事実上の空母化構想について「戦闘機の運用の柔軟性向上のため、必要な場合に現有艦艇からの運用を可能とする」として明記した。

このエントリーをはてなブックマークに追加