九州高校野球を53季ぶりに制したチームは第3シード。徳山監督は「大会を通して成長できれば甲子園が見えてくる」と手応えを口にする。 投手陣の軸は2年生の矢ケ部、池田の二枚看板。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加