日本原燃が公開した、使用済み核燃料再処理工場の中央制御室=10日午後、青森県六ケ所村

 日本原燃は10日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)を報道陣に公開した。原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す施設で、国の核燃料サイクル政策の中核。稼働の条件となる原子力規制委員会の審査で主要な議論は終了している。年明け以降に事実上の合格証の「審査書案」がまとめられるとみられている。

 公開された中央制御室では、作業員が各工程に分かれて設備の管理に当たっていた。主排気筒では、竜巻対策として防護板を設置するための基礎工事が始まっていた。

 重大事故が起きた場合にがれきを撤去する重機や冷却水を移送するためのポンプ車も配備されていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加