豚コレラに感染したイノシシが見つかった飼育施設=10日午後0時5分、岐阜県関市

 岐阜県は10日、同県関市東志摩の猟犬の訓練場で飼育されているイノシシ1頭から県の遺伝子検査の結果、豚コレラの陽性反応が出たと発表した。同県内の飼育施設で豚コレラが確認されるのは4例目。

 県によると、訓練場ではイノシシ計23頭を飼育。陽性の1頭は9日午前に弱っているのが見つかり、同日午後に死んだ。10日に検査結果が出た。他に1頭が衰弱していた。周辺で野生イノシシの感染が相次いでおり、訓練場では侵入防止のため電気柵を設置していたという。

 県は、訓練場から半径10キロ圏内で豚の出荷などを禁じる搬出制限を設定、施設の消毒や殺処分などの防疫作業を進めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加