1996年のアトランタ五輪ヨット女子470級(2人乗り)の銀メダリスト、重由美子さん(唐津市)が9日、死去した。53歳。関係者によると、体調を崩し療養中だった。

 1992年のバルセロナ大会から3大会連続で五輪に出場、木下アリーシアさんとのペアで出場したアトランタ大会で銀メダルを獲得し、オリンピックのヨット競技で日本選手初のメダリストになった。その後も選手として活動し、後進の指導にも当たっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加