神埼市で活動している「寺子屋かんざき こども食堂」はオープンして3年目を迎え、現在でも地域のよりどころとなっている。1人暮らしのお年寄りが遊びに来たり、20時を過ぎると習い事を終えた子どもたちがお腹を空かせやって来る。お年寄りは子どもたちから元気をもらい、子どもたちは上の世代からたくさんのことを学び、幅広い年代で交流ができる。

 温かい雰囲気の食堂になることを目指している山本まり子代表は「ここでは、知らない人同士でも一緒にご飯を食べることで距離が近づく。普段、ご飯をあまり食べない子でも、ここでは親が驚くくらい食べることもある」と笑顔で話した。

 毎週木曜18時30分からコミュニティハウス ピュア・ライフ2階(神埼町田道ヶ里2444―1)で行われている。料金は幼児200円(3歳以下は無料)、学生300円、大人は子ども同伴の場合は300円、大人のみは500円。

 また、12月23日17時からはクリスマパーティが行われる。ケーキ作りとディナーなど。要予約で定員は30人、参加費300円。申し込み・問い合わせは山本代表、電話080(3913)3969。

このエントリーをはてなブックマークに追加