人権問題に関心をもってもらおうとチラシなどを配る学生たち=佐賀市のゆめタウン佐賀

 人権週間(4~10日)に合わせて、佐賀市と同市社会人権・同和教育推進協議会はこのほど、街頭啓発キャンペーンを佐賀市のゆめタウン佐賀と佐賀駅バスセンターで行った。約60人が啓発グッズを配布し、「人権問題に関心を持って」と呼び掛けた。

 ゆめタウン佐賀では、今回初めて北陵高(佐賀市)の生徒がボランティアとして参加した。生徒たちは大きな声を出しながら啓発カレンダーなどを配布し、「SNSでの人権被害が増えている。今回の活動で少しでも減るきっかけになれば」と話した。

 「アンパンマン」の作者やなせたかしさんがデザインしたキャラクター「人権まもるくん、人権あゆみちゃん」のウオークバルーンも登場し、家族連れに人気を集めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加