「カフェ&ギャラリー繍」の黒カレー

 佐賀県総合運動場西の「カフェ&ギャラリー繍(ぬいとり)」の黒カレー(800円)は、ルウのスパイシーな辛みと、ふんわりした卵ののったご飯との組み合わせにファンも多い。

 黒カレーのルウはナツメグやクミンなどを秘伝のバランスで調合。具材はあめ色になるまで炒めたタマネギや牛肉の柔らかい部位で、2日かけてじっくり煮込む。辛さの中に、ほのかな甘みのある味わいが楽しめる。ご飯は富士町の農家から県産を仕入れ、新鮮な卵のオムレツが上にのる。

 福岡市で喫茶店の店長をしていた坂井淳子さん(62)がUターンして、今年1月に実家に店をオープンした。女性を中心に人気を集め、中高年のいこいの場になっている。

 ほか、県産有機野菜を使った「彩りサラダボウル」(800円)や予約限定の繍ミニコース(1600円)などが人気。店内には坂井さんの母が趣味で作っていた「戸塚刺繍」の作品も展示している。

 

▽佐賀市若宮3丁目1―3

▽11時半~18時

▽日、月曜定休

▽0952(31)6457

このエントリーをはてなブックマークに追加