女性や後継者世代を含めた地域ビジョンをつくる必要性を訴える農山村地域経済研究所の楠本雅弘所長=武雄市北方公民館

 武雄・杵島地区中山間シンポジウムがこのほど、武雄市北方公民館で開かれた。農山村地域経済研究所の楠本雅弘所長が講演し、中山間地域の農業や農地を守るために集落営農の法人化を推進し、女性や後継者世代を含めた地域ビジョンをつくる必要性を訴えた。

 楠本さんは、農地の管理が行き届かなくなると地滑りなどの災害にもつながるとし、「中山間地の問題はそこで暮らす人だけの問題ではない。定住して頑張っていく状況をつくらなければならない」と指摘。地域環境の維持・保全、生産活動、暮らしの協同を守るには集落営農が有効と説明した。

 高齢化や耕作放棄地の増加が進む中山間地の課題は多岐にわたる。楠本さんは「個人個人の悩みを地域の課題として整理できると、解決策につながる」とし、性別や世代にかかわらず、地域の人が顔を見せ合い、ふるさとをどうするかの設計図・地域ビジョンをつくる重要性を訴えた。集落営農の法人化で成功している他県の事例も紹介した。

 シンポジウムは県や市町、JAさがなどでつくる杵島営農システム化推進会議が主催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加