志田林三郎が考案した「地電気自記器」。電気通信技術の発展に寄与したとされる(国立科学博物館提供)

志田林三郎(多久市郷土資料館所蔵)

 日本の電気工学の礎を築いた佐賀県多久出身の工学博士、志田林三郎(1855~92年)が考案した「地電流」の観測器が国立科学博物館の研究施設(茨城県つくば市)に保管されていることが、科学博物館と多久市郷土資料館の共同調査で分かった。電気通信の発展に寄与した技術で、両館によると、林三郎が考案した機器の存在が明らかになるのは初めて。郷土資料館は「日本の電気技術史上、極めて重要な資料」として、16日から資料館で開く林三郎の特別記念展で公開する。

 確認されたのは、地中を流れる微弱な電流「地電流」の変動をリアルタイムで観測・記録する「地電気自記器」。明治以降、国内外で急速に普及が進んだ電気通信の円滑な送受信に支障を来すとみられていた地電流の影響を確かめるため、林三郎が世界に先駆けて考案したとされる。

 林三郎が逓信(ていしん)省工務局長だった明治18(1885)年ごろに製作されたもので、高さ約25センチ、幅約56センチ、奥行き35センチ。科学博物館の研究所の収蔵庫に保管されていた。『工学会誌』(1885年)に林三郎が寄稿した学術論文や、大正時代の佐賀県人会の会報『佐賀(83号)』(1916年)に掲載された観測器の写真などを手掛かりに「林三郎考案」と特定した。

 地電流の観測技術は、地震の発生予測にも役立てられている。科学博物館の前島正裕科学技術史研究グループ長は「林三郎は当時、電気工学にとどまらず、地球物理学の研究にも役立つと考えていた。未来を見通す先見性と広い視野、知識の高さを物語る貴重な資料」と評価している。

 林三郎は佐賀藩多久領の学問所・東原庠舎(とうげんしょうしゃ)で頭角を現し、工学寮(後の工部大学校)の1期生として電信学を学んだ。首席で卒業して英国に留学、帰国後に日本初の工学博士となり、電気学会の創設を唱えた。

 特別企画展は来年1月31日までで、林三郎の生涯や電気通信の歴史、工部大学校の流れをくむ東京大大学院工学系研究科の研究成果を紹介する。初日の16日には前島氏が講演する。

このエントリーをはてなブックマークに追加