北京国際空港に到着した北朝鮮の李容浩外相(中央)=6日(共同)

 【北京共同】北朝鮮の李容浩外相が6日、空路北京に到着、釣魚台迎賓館に入った。8日まで滞在し、中国の王毅国務委員兼外相らと会談する。米朝が来年1、2月開催を模索する米朝首脳再会談や、韓国政府が年内実現を目指す金正恩朝鮮労働党委員長のソウル訪問をにらみ、非核化の進め方や条件について中国側と意見調整を図るとみられる。

 複数の外交筋によると、李氏は中国に続き、モンゴルを訪問する方向で調整している。李氏はベトナムやシリアを訪問したばかり。党序列2位の金永南最高人民会議常任委員長もキューバなど中南米を歴訪。伝統的友好国への外交攻勢で、足場を固める構えだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加