窓乃梅酒造(佐賀市、古賀釀治社長)は、18日に女性限定の日本酒イベントを開く。今回は若者世代に多く参加してもらおうと、会員制交流サイト(SNS)を初めて活用。イベントにはイタリア料理を並べ、「イタリアンと日本酒の組み合わせも新たな挑戦」と意気込む。

 これまでのイベントは飲食店主催が多く、その店の常連客意外に客層を広げることが難しかったという。今回は、写真共有アプリ「インスタグラム」や「フェイスブック」に専用ページを共有して参加を募っている。

 ウェブを使った販促支援サービスなどを手掛ける佐賀SBC(佐賀市、浅川達夫社長)がページを制作。合同プロジェクトチームを10月に立ち上げ、11月中旬に各SNSでページを公開。若い世代の反応が増えているという。

 イベント会場は若い女性の利用が多いイタリア料理店「アール・スタイル・ダイニング」(佐賀市)。ビュッフェ形式で、料理は甘エビとホタテの塩水マリネや伊万里ハーブ鶏のガランティーヌと佐賀県産牛のソテーなど。日本酒は純米大吟醸閑叟と大吟醸香梅窓乃梅、特別純米窓乃梅を振る舞う。

 女性限定で会費5千円、先着30人。問い合わせは佐賀SBC、電話0952(27)5010。

このエントリーをはてなブックマークに追加