法定の検査をせず、書類を偽造して不正に車検証の更新手続きをする「ペーパー車検」をしたとして、佐賀県警交通指導課や鳥栖署などは5日、虚偽有印公文書作成・同行使、電磁的公正証書原本不実記録・同供用、道路運送車両法違反の疑いで、自動車販売・修理を手がける「フジカーズジャパン」鳥栖店の店長(42)=福岡県朝倉市甘木=ら3人を再逮捕した。

 ほかに再逮捕されたのは、鳥栖市の民間車検会社「369(みるく)」社長(41)=福岡県小郡市横隈=と、同社社員で自動車検査員(46)=鳥栖市姫方町。

 3人の再逮捕容疑は、共謀の上、8月6日ごろ、鳥栖店が管理する車の車検に際し、法定の点検整備と検査をせずに、虚偽の保安基準適合証を作成して佐賀運輸支局に提出し、不正に車検証の更新手続きをした疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 鳥栖店ではキャンピングカーなどの中古車を販売しており、県警はほかにも不正がないか調べている。

 3人は店長(42)の車を不正車検した疑いで、11月14日に逮捕された。佐賀地検は今月5日、3人と「369」を道路運送車両法違反などの罪で起訴した。

このエントリーをはてなブックマークに追加