来場者にハンドマッサージを施す佐賀女子短大ボランティア部の学生=熊本県南阿蘇村(提供写真)

 佐賀市の佐賀女子短大ボランティア部「Sun-Kissed(サンキスト)」はこのほど、熊本地震の被災地・南阿蘇村を訪れ、NPO法人日本レスキュー協会と共同で復興支援イベントを開いた。学生たちは来場者にハンドマッサージを施し、喜ばれた。

 日本レスキュー協会はセラピードッグとのふれあいやギターの弾き語り、書道アートなどを企画。部員6人で訪れたサンキストは村の職員やボランティアの人たちにくつろいでもらおうと、ハンドマッサージを実施した。子どもから高齢者まで多くの人が利用し、部長の中村萌美さん(19)は「事前に研修を受けたかいがあり、気持ちいいとか、ありがとうと言われ、こちらがうれしくなった」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加