5日午前10時20分ごろ、佐賀県伊万里市二里町の市道で、配水管の敷設工事をしていた唐津市内の50代男性作業員の頭部に、穴を掘る重機のシャベルが当たった。佐賀市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体。

 伊万里署によると、かがんで掘る場所の確認をしていたところ、頭上に下りてきたシャベルが当たった。男性はヘルメットを着用していた。現場では男性を含め7人で作業をしており、シャベルの動きに気づいた人が声を掛けたが、間に合わなかったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加