小城署は4日、傷害の疑いで、小城市芦刈町道免、自称廃品回収業の男(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月30日午後10時55分ごろ、小城市牛津町の商業施設駐車場で、50代男性を押し倒して馬乗りになって顔を殴り、左指骨折や左頬を切るなどのけがをさせた疑い。「相手が押してきたので引っ張っただけ」と否認している。

 同署によると、2人に面識はなく、事件当時は互いに酒を飲んでいたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加