子どもたちが描いた塗り絵や市民の笑顔の写真を機体(球皮)にプリントした「夢さがバルーン」が20日、佐賀市の旧商工会館跡地でお披露目され、親子連れら100人が真新しい機体で係留飛行を体験した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加