来春の佐賀県議選三養基郡選挙区(定数2)に、元職で食肉販売会社社員の石丸元章氏(54)=みやき町原古賀=が1日、立候補する意向を表明した。

 石丸氏は三養基高卒。家業の食肉販売会社に勤務し、1999年の旧中原町(現みやき町)町議選で初当選、2003年の県議選に出馬して1期を務めた。過去3回は自民党公認で出馬、前回から無所属となり、今回も無所属で出馬する。

 町内で開いた会見では、子育て支援などの少子化対策や防災対応の政策を掲げ「県や国と地域のパイプ役として頑張りたい」と意欲を示した。

 三養基郡選挙区では新人1人が出馬を表明、現職1人も出馬の準備を進めており、選挙戦が確実視されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加