最終戦を無失点で抑え、J1残留に貢献した鳥栖GK権田(左)=茨城県立カシマサッカースタジアム

 不動の守護神の存在なくして、執念の残留劇はあり得なかった。鳥栖のGK権田はチームで唯一、リーグ戦全試合にフル出場。守備陣を力強くけん引し、チームを残留に導いた。「それぞれが自分にできることを全力でやり切った結果」と謙虚に振り返った。

 「守る時も攻める時も全員でいく」と総力戦を誓って臨んだ一戦。この日は相手の決定機も少なく、「ボールに激しくいき、切り替えも早かった」と奮闘を続けた仲間に感謝した。

 誰よりも長くピッチに立ったからこそ、感じることがあるのだろう。「うまくいかなかった序盤、勝ち点を落としているのも僕(の責任)」

 金明輝監督就任後の5試合を無敗で終えたが、「この時期にならないと勝てないのが上に行けない理由であり、このチームの甘さ」と厳しく見つめる。

 「選手だけでなく、クラブに関わる全員が今日の試合に満足しないことが大事」。高い向上心が成長につながることを知っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加