唐津市議会は22日、玄海原子力発電所対策特別委員会(三浦重徳委員長)を開き、九州電力に対して原発の安全対策について十分な説明責任を果たすことなどを求める意向書をまとめ、坂井俊之市長に提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加