■改革“後退”懸念も 佐賀県唐津市が市発注の公共工事をめぐる不正入札事件の再発防止策として導入した最低制限価格の事前公表制度について、「効果を検証し、必要があれば見直す」との考えを市議会に示したこと…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加