鳥栖市の鳥栖プレミアム・アウトレットで25日、化学兵器を使った無差別テロを想定した訓練があった。ベルギー同時テロの直後とあって、鳥栖消防署の隊員らが緊迫感の中で、救護活動の手順などを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加