米の生産調整について農水省や県、JAの担当者が意見を交わす「需要に応じた生産推進キャラバン」が24、25の両日、佐賀市の県自治会館などであり、参加者約20人が2016年産などの方針を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加