九州電力は25日、川内原発(鹿児島県)に新設するとしていた免震重要棟を撤回した問題で、代替案として新たに耐震構造の「緊急時対策棟」を設ける計画を原子力規制委員会に再提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加