佐賀の偉人や弘道館について話す、タレントのボビー・ジュードさん=佐賀市の県立盲学校

 佐賀・福岡を拠点にタレントとしてテレビなどで活躍中のボビー・ジュードさん=米フロリダ出身=がこのほど、佐賀市の県立盲学校で生徒たちを前に講演した。佐賀藩校・弘道館の教育や幕末明治期に活躍した佐賀の偉人などを紹介した。佐賀県を訪れる前の印象も話し、生徒たちの興味を誘った。

 ボビーさんは、日本の将来を見据えて海外の技術を研究した佐賀藩10代藩主の鍋島直正や、右足を失っても2度総理大臣を務めた大隈重信の偉業などを紹介。「弘道館では、自分の考えを表現できる人を育てていた」と話した。

 佐賀に来る前の印象について、ボビーさんは「未知の世界だった」とし、「セブン-イレブンもあるし、思ったより同じだ」とユーモアあふれる話で会場を盛り上げた。

 講演会は県教委が実施する本年度の「さがを誇りに思う教育推進事業」の一環で開き、佐賀を愛し、誇りに思う人材育成が狙い。同校ではこれまで、佐賀にわかを継承する劇団の公演もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加