24日の衆院本会議で、選挙の投票日に駅や商業施設に設置される「共通投票所」での投票が可能になる公選法改正案が賛成多数で可決された。参院に送付され、月内に成立する見通しだ。初適用は夏の参院選から。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加