唐津湾沖での海砂採取の限度量見直しで、佐賀県は28日、県内の建設工事などに必要な量を上限とする原案を学識者の検討会で示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加