鹿児島県鹿屋市の住宅型老人ホームで、10月から入居者6人が相次いで死亡していたことが21日、分かった。県は施設の運営に問題がなかったかどうか、老人福祉法に基づき立ち入り調査した。

このエントリーをはてなブックマークに追加