【ワシントン共同】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は20日、11月末にもアルゼンチンで開く米中首脳会談に関し「米国の利益にならない限り、合意しないだろう。それが重要なポイントだ」と述べ、米側は中国の知的財産権侵害などへの対応を精査し、貿易制裁措置緩和の是非を判断するとの見通しを示した。FOXビジネステレビのインタビューで答えた。

 クドロー氏は「トランプ大統領が米中間の取引は米国の利益を満たさなければならないと繰り返し言っている」と強調。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加