9月の台風21号による高波で関西空港が浸水した際、当初推計の倍に当たる250万立方メートル以上の水が流入していたとみられることが20日、空港を運営する関西エアポートが設置した第三者委員会の試算で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加