キルギスに勝利し喜ぶ日本イレブン=豊田スタジアム

 日本―キルギス 前半、先制ゴールを決める山中=豊田スタジアム

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは20日、愛知県の豊田スタジアムで行われ、日本がキルギスを4―0で下した。年内最後の一戦を快勝で飾り、16強入りしたワールドカップ(W杯)ロシア大会後に就任した森保監督の下で4勝1分けとした。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は90位で初対戦の相手に対し、代表戦初出場の山中(横浜M)のゴールなどで前半に2点先取。後半は中島(ポルティモネンセ)らが得点を加えた。

 日本は来年1月、2大会ぶりの優勝を目指しアラブ首長国連邦(UAE)でのアジア・カップに臨み、9日初戦でトルクメニスタンと対戦する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加