記者会見するJ1長崎の高木琢也監督=20日、長崎県諫早市

 契約満了に伴い今季限りで退任するJ1長崎の高木琢也監督(51)は20日、長崎県諫早市内で記者会見し「サッカー人として、いろいろ学べた6年間だった。応援してくれたファンに最大限の感謝をしたい」と述べた。チームは今季2試合を残して、1シーズンでのJ2降格が確定している。

 初のJ1昇格に触れ「最低限のことはできたかな」と話す一方で、言葉を選びながら「最低2年は(J1に)定着していかないと戦術や個の成長は難しい」と降格に悔しさをにじませた。

 今後に関しては未定としながらも「夢は、この仕事をやりつづけること」と指導者としての意欲をのぞかせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加